トップへ

予約の遅刻とキャンセル

脱毛のスケジュールを立てて予約を入れても、急用や体調が悪くなってキャンセルしなければならなくなることは結構あります。

 

そこでばかにならないのが、キャンセル料と1回消化といったペナルティー。実は、脱毛サロンによってキャンセルのペナルティーはかなり差があります。

イマドキはネットやアプリで簡単予約

予約はネットが便利

脱毛するには予約が必要です。飛び込みでサロンに行ってもほぼ断られてしまうので気をつけてください。予約は、カウンセリングや施術日の帰りに次回の予約をするのが一般的ですが、ネットや電話でもできます。予約の変更や空き状況はネットで見れるので、ネットが一番便利でしょう。

キャンセルの扱いはサロンによって異なる

キャンセルと1回分消化

キャンセルや予約日の変更は、サロンによって対応がかなり違います。

 

前々日からキャンセル料が発生してしまうところや、当日施術時間まで料金がかからないところ、一切キャンセル料なしのところなどさまざま。また、契約しているプランによってキャンセルの規定が変わるサロンもあります。

 

キャンセルしなければならなくなったら、一刻も早く連絡しましょう。ちなみに、キャンセル料は1000円〜2000円程度が相場です。

 

「1回分消化」というのは、名前の通り受けていなくても1回分が消滅してしまうこと。この1回分消化になってしまうのは、前日や当日にキャンセルした場合になりやすいです。

 

キャンセル料のかからないサロンは?

キャンセル料や1回分消化のペナルティーがないのは、ミュゼやシースリー、レイビスなどがあります。
クリニックではアリシアクリニックもキャンセル料がかかりません。

 

この中では、ミュゼは連絡なしでサボってしまってもペナルティーなしなので最強でしょう(もちろん無断キャンセルは迷惑がかかるのでNGです!)

 

ただし、ミュゼは生理になったらVIO以外の部位も一切施術できません。キャンセル料などはかからなくても施術ができないため、脱毛スケジュールが先に延びてしまいます。

 

キャンセルのペナルティーが厳しいサロンは?

ペナルティーが厳しいのは脱毛ラボですね。キャンセル料は前日から発生し、当日キャンセルはキャンセル料+1回分消化となってしまいます!

 

脱毛ラボは料金の安さが魅力ですが、サロン内のチープ感や剃り残しに厳しいなどの面もあるので人を選ぶかもしれません。

 

遅刻したら施術できない?

遅刻した場合は、施術時間が短くなるケースが多いです。コースによっては施術できなくなってしまうので、かなり勿体ないですね。

 

中には遅刻のペナルティーで500円かかってしまうサロンもあります。だいたい10分以内なら施術も可能になりますが、慌ただしくなるので丁寧に施術してもらえなくなってしまうかも。

 

急用や体調不良になったら、とにかく早めに連絡することが大切です。事前に連絡先や連絡方法を確認しておき、いざという時に慌てないようにしたいですね!