トップへ

全身脱毛の脱毛器による効果の違い

脱毛器による違いで、変わること

脱毛サロンの脱毛マシンというのは、どれも同じに思えますよね。

 

サロンでする脱毛は、光脱毛とかフラッシュ脱毛、S.S.C脱毛、IPL脱毛などいろんな呼び方をしています。実はこのすべては「光脱毛」のことなんです。厳密には、同じ光脱毛でも微妙に違いがあります。

光脱毛とは?

光脱毛=フラッシュ脱毛です。この光脱毛には、おおまかに分けて2つの脱毛方式のがあります。

 

  • S.S.C脱毛
  • IPL脱毛

 

脱毛サロンに行った時に受ける施術の仕方は、S.S.C脱毛、IPL脱毛ともに同じ。
ジェルを塗って照射し、そのあと肌をクールダウンしてローションなどをつけるところまで一緒です。ではどんな違いがあるのでしょうか?

 

S.S.C脱毛とは?

 

S.S.C脱毛はスムース・スキン・コントロールの略。照射前に塗るジェルに秘密があて、抑毛効果のあるフィリニーブ成分を照射の力で浸透させ、ムダ毛を処理していきます。

 

光脱毛の中でも、特に痛みがないのがこのS.S.C脱毛です。ミュゼや脱毛ラボなどがこのS.S.C脱毛を採用したDEKA社の「クリプトン」という脱毛マシンを使っています。

 

IPL脱毛

 

IPL脱毛とは、インテンス・パルス・ライトの略。黒いものに反応するため、ムダ毛の毛根に直接アタックしてムダ毛を処理します。IPL脱毛は、クリニックのレーザー脱毛と同じ原理の脱毛方法なんですね。銀座カラーやエタラビ、エピレ、キレイモ、シースリーなどがIPL脱毛の脱毛マシンを使用しています。

 

この中で、エピレは独自開発の国産脱毛マシンを、シースリーは「ルネッサンス」というマシンを使っています。

どっちの脱毛マシンがより効果的?

S.S.C脱毛もIPL脱毛も、今はそんなに差がないとは言われていますが、実際に両方の施術を受けた人によると、効果や痛みは微妙に違いがあるようです。

 

S.S.C脱毛のマシンは、痛みがより少なく肌にやさしいことから敏感肌の人でも受けやすいです。また、産毛にも効果がでやすいという特徴もあります。

 

IPL脱毛のマシンは、剛毛(黒いムダ毛)に特に効き目があるので、剛毛でムダ毛が多い人はこちらのマシンの方がいいかもしれません。痛みはS.S.C脱毛のマシンよりやや痛いという人が多いですが、実は痛みが強いほど効き目があるという話もよく聞きます。

 

光脱毛の種類とその違いは

 

これらの違いは、個人的な主観もあるし脱毛方式と肌やムダ毛との相性もあるので、参考程度にしておいていいでしょう。

 

どちらの脱毛方式を使ったマシンがいいのか迷ったら、カウンセリングとキャンペーンコースをそれぞれのサロンで受けて比べてみるのもいいですよ。脱毛は高額になりやすいので、納得してから本契約をすると失敗がありません。