トップへ

フラッシュやレーザーによる脱毛で健康被害はある?

脱毛は危険?

 

せっかくムダ毛処理しても、翌日にはもうチクチク・ザラザラ。しかも、ムダ毛処理を繰り返していると肌トラブルを起こしやすく、見た目にもよくありません。そのため、最近は脱毛をはじめる人が増えています。脱毛がリーズナブルになり、気軽に始められるところも受けていますね。

 

長年の自己処理で起こる肌トラブルや健康被害

 

しかし、気になるのか脱毛による体への影響です。脱毛は体に影響がないと言われていますが、果たして本当でしょうか?

 

フラッシュやレーザーは肌トラブルをおこすケースあり

 

脱毛して健康に悪影響を与える場合として多いのが、軽い火傷のような症状です。肌に問題ない出力で施術しても、肌や体調次第では火傷などのトラブルが起きることがあります。

 

また、ひどくなるとケロイド状になったり発疹が出てびっくりする人もいるようです。

 

脱毛による肌トラブルで多いのは赤みやかゆみ

 

ただし、こうした肌トラブルは稀なケースで、ほとんどは翌日には回復していることも多いです。肌ケアをきちんとしていれば十分防ぐことは可能です。

 

もし翌日になっても肌トラブルが収まらなかったら、脱毛サロンやクリニックにすぐ連絡すれば対応してもらえます。

 

特にクリニックは皮膚の専門家なので、診察もスムーズです。脱毛サロンの場合は、クリニックと提携しているところで契約すると安心でしょう。

 

肌トラブル以外に健康被害はある?

 

脱毛サロンで使用されるフラッシュやクリニックのレーザーは、肌の表面までしか到達しません。そのため、直接内臓などに影響はないため、もし妊娠していたとしても赤ちゃんには影響がないとされています。

 

しかし、施術する時に体調が悪かったり、脱毛に恐怖心やストレスを感じていると、気分が悪くなることもあります。そのため、脱毛サロンやクリニックでは健康状態のいい時に脱毛することをおすすめしています。

 

除毛でおきる健康への害は?

 

ムダ毛が気になった時に手軽にできる除毛。脱毛よりも健康への影響は少なそうに見えますが、実はそうでもないケースがあります。

 

除毛は肌トラブルをおこしやすい

 

除毛アイテムの代表といえば、カミソリですね。カミソリはよく剃れますが、薄く肌を削りながら毛をカットしているため、頻繁にムダ毛処理していると肌が乾燥したり、黒ずみ、傷などのトラブルをおこしやすいです。

 

除毛クリームなどは使用方法を守って、必ずパッチテストをしてね

また、除毛クリームやフォームは毛を溶かして強力にムダ毛を取り去ることができますが、成分が強いため赤みやヒリヒリ感などの肌あれをおこしやすいです。

 

除毛剤による健康への悪影響も気になります。

 

除毛クリームでアレルギー反応や皮膚炎を起こしてしまう可能性もあるので、広告を鵜呑みにせず成分の確認やパッチテストを必ずしてから使うようにしましょう。

 

ごくたまに使用するならあまり心配はありませんが、連続しての使用は控えた方がいいかもしれません。

 

脱毛は時間もお金もかかりますが、長い目で見れば健康への影響はほとんど心配がいりません。しかも、プロが施術するので仕上がりもきれいです。

 

それに対し、カミソリ等の除毛は肌トラブルをおこす可能性が高いので、脱毛の方が安全できれいな肌をキープできるのではないでしょうか。