トップへ

せっかくの脱毛が台無しになる?

脱毛後に毛が増えると感じるケースはある

脱毛をしてこんなことになるなんて想像もしていなかった女性

「ムダ毛に悩んでいたけど、思い切って脱毛!これでもうムダ毛に悩まされないはず!」と思っていたのに、いざ脱毛してみたら逆にムダ毛が増えてショック!

 

実は、あまりないケースですが、脱毛しているのに毛が増えたり太くなってしまうことが稀にあります。
こうしたムダ毛が増えてしまう「増毛化」や、毛が太くなってしまう「硬毛化」はなぜおこるのでしょうか?また改善するにはどうしたらいいのかをまとめました。

 

増毛化や硬毛化はなぜおきる?

 

脱毛というのは、ムダ毛の毛根にダメージを与えることで少しずつ弱らせて、毛の再生ができなくなるようにしていきます。正しく施術してさえいれば、ムダ毛はだんだん少なくなるはず!

 

それなのに、増毛化や硬毛化してしまうのはなぜでしょうか?
その原因は、実ははっきりわかっていないのが現状です。ただ、原因はいくつか考えられます。

 

硬毛化、増毛化の原因は身体の影響もある

 

よく言われているのが、照射する時のパワーが弱いこと。脱毛サロンやクリニックでは、照射のパワーの調整ができるものがほとんどです。肌の状態を見て、もし肌が弱い人や痛みに弱い人の場合、出力を下げて照射することがあります。

 

出力が弱い場合、毛根にしっかりダメージを与えることができず、逆に毛根を刺激してしまうことでムダ毛が増えたり太くなるのではないかという説があります。

 

また、脱毛マシンとの相性が原因で脱毛効果が得られないケースもあります。友達と一緒に脱毛サロンに通い出したとしましょう。脱毛を何回か受けたあと、友達はだいぶムダ毛が減ってきたのに、自分は全然だった、ということはよくあるようです。

 

肌の色や健康状態、ムダ毛の太さや色、そしてサロンスタッフの技術力などいろんな原因から、同じマシンを使っても効果が違うことがあります。

 

脱毛は体調だけでなく、脱毛器によっても相性があり個人差が大きい

 

最後のホルモンバランスについては、ストレスや加齢でホルモンバランスが崩れることがあります。

 

ストレスを感じると、男性ホルモンが増えることで、ムダ毛が増えたり濃くなることがあります(最近話題?のヒゲ女子も、ハードワークやストレスによりヒゲが濃くなると言われています)。

 

このように、脱毛自体は関係なく、他の要因とからむことでムダ毛が増えてしまうことも考えられます。

 

増毛化・硬毛化がおきやすい部位がある

 

実は、増毛化や硬毛化がおきやすい部位があります。

 

硬毛化が起こりやすい場所と、起こる確率は1パーセント

・背中
・ふともも
・顔
・二の腕 など

 

先に産毛がなりやすいと書きましたが、産毛が多い部位になりやすいのだとか

 

全体的にムダ毛が濃く太い男性よりも、産毛が多い女性に増毛化や硬毛化がおきる可能性が高いとも言われています。

 

ではどれくらいの確率で増毛化や硬毛化はおきるのでしょうか?確率的にはとても少なく、1%程度だと言われています。つまり、ほとんどの人にはおきないとはいえますが、もしなってしまったらショックですよね。

 

打ち漏れの可能性もある?

 

間違いやすいケースとして、打ち漏れがあります。これは単純にスタッフのミスで、照射ヘッドがしっかり肌に当たっていないケースです。打ち漏れは、ヘッドの形にムダ毛が残るので割とわかりやすいそうです。

 

もし、ムダ毛がピンポイントで多い場合は、打ち漏れの可能性もあります。打ち漏れかな?と思ったら、すぐ脱毛サロンに報告してみてもらいましょう。打ち漏れだった場合は、サロンできちんと対応してもらえるはずです。

増毛化・硬毛化がおきたらどうしたらいい?

硬毛化・増毛化・肌トラブルで迷ったら、まずは脱毛サロン・クリニックへ電話をしましょう

増毛化・硬毛化がおきたら、もしや泣き寝入り?いえいえ、そんなことはありません。脱毛の期間中なら、すぐサロンやクリニックに問い合わせるか、次回の来店時に聞いてみましょう。

 

増毛化や硬毛化であることがわかれば、対処してくれるところが多いです。増毛化や硬毛化は、です。

 

もし不安なら、ムダ毛が残った場合に対応してくれるサロンやクリニックを最初に選ぶと安心ですね。

 

また、通っているサロンで効果が期待できないと思っているなら、思い切ってサロンを乗り換えるのも手です。乗り換え割のあるサロンも多いのでうまく利用すればお得で快適なサロンに巡り合えるかもしれません。

思い切って脱毛を乗り換えたら、割引もあるし前より接客もよくて良かった!

増毛化・硬毛化は防げる?

 

増毛化や硬毛化の原因については、先に書いた通り原因が特定できていません。そのため、確実に防ぐ方法はない状況です。しかしある程度なら予防することは可能です。

 

例えば、全身脱毛コースを選んでいる場合、誰にでも毛の濃い部位と薄い部位があります。薄い部位やほとんど産毛で薄いところに何度も照射してしまうと、毛根を刺激して毛が濃く太くなってしまう可能性があります。

 

つまり、ムダ毛が気にならない部位は、ちょっと勿体ないですが思い切って「照射しない」こと。毛がないなら、照射することで肌トラブルのリスクもあります。照射を省くことで、施術時間も短縮できるので施術時間を短縮することができます。

 

また、脱毛中はムダ毛が増えていないか、太くなっていないかしっかりチェックするようにしましょう。いつ頃からどの程度ムダ毛に変化があったのか、写真を撮っておくと客観的に判断できるし、あとあと増毛化したとしても証明にもなりますよ

 

硬毛化・増毛化が起こる原因とその対処法