トップへ

海、プールへ行く前の自己処理は危険がいっぱい

楽しいはずの夏レジャーが、あなたの肌をダメにするかも!?

夏の楽しむ女性のための肌ケアをチェック

夏のレジャーといえば、海やプールが人気ですね。

 

でも水着になるのって女子はちょっと躊躇してしまうのではないでしょうか。

 

 

その原因は「スタイル」と「ムダ毛」。スタイルはダイエットすれば解決しますが(簡単じゃないですが)、ムダ毛はやり方次第では肌を傷つけてしまいます

 

海やプールで楽しく遊ぶために、正しいムダ毛処理の方法をマスターしましょう!

 

そのムダ毛処理では肌が危険!

前日のムダ毛処理は肌が敏感になってしまう

 

海やプールに行く場合、前日にお手入れする人が多いと思います。ムダ毛処理したてなら、無毛状態なのでキレイに見えますからね。でもキレイに見えるものの、本当はムダ毛処理で肌は敏感になっています。

 

その状態で海やプールに入ると、海水やプールの水が刺激になって肌あれしやすいです。

 

紫外線、塩素、雑菌がいっぱい!

 

海といえば、太陽がギラギラして紫外線が大量に降り注いでいます。直射日光だけではありません。海や砂浜、コンクリートに反射した紫外線も同時に浴びてしまうので、日常よりも倍近く紫外線が肌に当たっているのです。

 

海の海水は、肌を乾燥させる塩分がたっぷり。プールも同じく乾燥や敏感肌を刺激する塩素が含まれています。他に、雑菌もたくさん浮遊しているので、肌の負担はマックスまで達しています。

 

強い日焼け止めも肌に悪影響がある

 

また、海やプールに行く時はいつもよりも強めの日焼け止めを使いますよね?

 

SPFやPAの値が高いものは、肌に負担をかけるものが大半。ニキビのようなブツブツができたり、炎症をおこしてしまうこともあります。

 

このことから、海やプールに行く前日のムダ毛処理はオススメできません。できれば数日前、ムリなら2日前にお手入れすることを心がけましょう

正しいムダ毛処理の方法

カミソリの場合

 

カミソリでムダ毛処理する場合は、毛流れに沿って剃る

良く剃れる女性用のカミソリを使いましょう。お父さんの髭剃りをこっそり使っている人もいるようですが、髭剃りは肌を削りやすいので絶対やめてください。カミソリを使う時は、毛の流れにそうように剃ります。

 

ほとんどの体毛は上から下に向かって生えているので、上から下へカミソリを動かすといいですね。

 

カミソリでやってはいけないのは逆剃りです。逆剃りはよく剃れますが毛穴を傷つけてしまうのでボツボツや埋没毛になってしまいます。

 

電気シェーバーの場合

 

電気シェーバーなら、毛流れに逆らって剃ることができる

カミソリとは逆に、逆剃りができます。機種によって使用方法に特徴があるので説明書をよく読んで使いましょう。

遊んだあとの肌ケアも大事

 

日焼け後は肌ケアすることで、美肌を保つ

海やプールで遊んだあとは、日焼け止めをきちんと落とすことが大切。強い日焼け止めは、落ちにくくクレンジングが必要なものが多いです。肌にやさしいクレンジングで必ず日焼け止めを落としましょう。もし落としきれないと、肌あれの原因になってしまいます

 

そのあとは、紫外線や塩分、塩素などに触れて肌が乾燥しているのでローションなどをたっぷりつけて肌を潤します。

ムダ毛処理はもうイヤ!それなら脱毛がイイ

 

脱毛女子と手付かず女子の差は歴然

アウトドアを楽しむ時に、ムダ毛があるといちいち気になってしまいますよね。お手入れをするのも面倒だし、肌あれのリスクもあります。

 

ムダ毛のお手入れがイヤになった女子は、今は除毛よりも脱毛をする人が増えています。脱毛サロンやクリニックが増えて値段も手ごろになったこともあり、すでに処理済みの女子も少なくありません

 

 

脱毛すると、毛穴が小さく引き締まり肌がキレイに見えるというメリットもあります。脱毛済みの女子と差をつけられる前に、除毛から脱毛に乗り換えた方がいいかも?

脱毛中に海やプールに行く時も注意!

 

脱毛中の日焼けに注意する理由は3つ

すでに脱毛中!という人もいるでしょう。脱毛はサロンなら10数回、クリニックなら5〜6回通うことになります。

 

脱毛中の人は、特に紫外線から肌を守ることが大切です。その理由は、主に3つ。

 

  • 日焼けして施術が受けられなくなる
  • 肌あれしやすい
  • 肌の乾燥が進み、施術で痛みを感じやすい

 

一番困るのが、日焼けです。脱毛サロンもクリニックも、黒い色素に反応することを利用した施術をしています。肌を焼いてしまうと、施術がスムーズにできなくなるので、施術を断られてしまうことがあります。

 

肌あれしやすいというのは、脱毛してから日が浅い場合に特におこりやすいです。脱毛は肌に負担をかけませんが、毛根に熱がこもるため肌にも二次的な影響はゼロではありません。施術した直後は肌がデリケートになっているので、海やプールは避けた方が無難です。

 

次の脱毛する日が近い人に注意してもらいたいのが、肌の乾燥です。海やプールでは先に述べたように肌の負担が大きく、肌が乾燥気味に。肌が乾燥すると、目では見えなくても肌の表面はささくれ立った状態になっていると言われています。

 

その状態で脱毛すると、痛みを感じやすく肌トラブルをおこすことも。乾燥がひどい場合、施術を断られたという人もいます。

 

楽しい海やプールですが、ムダ毛のお手入れはいつも以上に気を使ってあげる必要があります。ムダ毛処理はもううんざり、肌あれしちゃうのもイヤだな〜というなら、脱毛をはじめた方がいいですね。

 

また、脱毛中も日焼け止めや日傘、上着などでうまく紫外線から肌を守り、脱毛がスムーズにできる状態をキープすることを心がけましょう。