トップへ

うなじの毛はどうやって処理してる?

その後れ毛、色っぽいと思っていませんか?

 

アップヘアスタイルするなら、うなじの後れ毛もしっかりケアしましょう。

女子の細いうなじは、男子からよく見られているパーツのひとつですね。

 

でも、うなじに毛や産毛がモジャモジャしていると見た目がかわいくないし、子供っぽい印象をもたれてしまいます。

 

大人女子なら、うなじのムダ毛もしっかりケアしたいところ。

 

でも自分では見えないうなじのお手入れって、他のコはどんなケアをしているのでしょうか?

 

電気シェーバー>カミソリ

 

自己処理するならお勧めの道具は、電気シェーバーですよ。

うなじは自分では見えないですが、鏡をうまく使えばなんとか確認することは可能です。うなじのムダ毛処理を自分でしている人は、鏡を使って少しずつ確認しながら剃るという声が多いですね。

 

うなじ処理アイテムとしては、カミソリが人気です。でも顔同様に肌がデリケートなうなじは、できれば電気シェーバーを使った方が肌にダメージを与えません。

 

うなじのムダ毛処理の方法

 

用意するもの:電気シェーバー、カミソリ、鏡、肌をケアするローションなど

 

  1. 髪をアップにしてうなじを見えやすくする。
  2. ムダ毛の状態を見ながら、うなじの形を決める。
  3. 長い場合は、ハサミでざっとカットする。
  4. 髪の生え際から2センチ程度は手をつけない。
  5. 片手で肌を抑えながら、少しずつ剃る。

 

生え際から2センチのムダ毛には手をつけない理由は、自然に見せるためです。あまりカッチリ形を決めて剃ってしまうと、カツラのような不自然なうなじになってしまうので気を付けましょう。

 

細い産毛だけなら除毛タオルもアリ

 

うなじにあるムダ毛が、産毛のような細くて短い毛だけなら、除毛タオルや除毛スポンジなどを使って処理してもいいですね。

 

使い方は、体を洗う時に泡をつけて擦るだけなので簡単です。なるべく天然素材のものを使い、ゴシゴシ擦らないようにしましょう。

除毛テープ、除毛フォーム、毛抜きはNG!

 

自己処理は肌トラブルや後遺症の原因となるため責任は取れません。

自己処理方法は色々ありますが、実はどの自己処理方法もお勧めはできません。

 

なぜなら素人が処理をすることで肌トラブルが起こりやすく、その後は跡になって残るなどの問題も出てきます。

 

それでも自分でやりたいという方には、いくつかの自己処理方法のメリットデメリットをお伝えしておきます。

 

除毛テープ

 

貼って剥がすだけでムダ毛を抜くことができる除毛テーブは、広範囲を一度に処理できるというメリットがあります。

 

でもうなじは範囲が狭く、しかも曲線が多いので、たとえ誰かに手伝ってもらえるとしてもうまくムダ毛が取りにくいです。

 

また、うなじは肌がデリケートな場所なので、テープをはがす時の刺激で赤くなったり毛穴に負担をかけてしまいます。

 

除毛フォーム

 

毛穴スレスレまでムダ毛を処理でき、ジョリジョリ感のない仕上がりが人気の除毛フォーム。

 

でもうっかり髪にフォームがついてしまうと、毛が溶けてしまうので危険。また襟足の形をフォームでつくるのは難しいです。他に、薬剤が強く、肌あれしやすいというデメリットも。

 

毛抜き

 

ムダ毛処理の定番の毛抜き。
しばらくムダ毛が生えてこないというメリットはありますが、自分で毛抜きを使って処理するのはまず無理でしょう。器用な人なら不可能ではないですが、埋没毛や毛穴の開きをおこしやすいです。

うなじの自己処理は危険?

 

うなじの自己処理でよくあるトラブルとは?万が一の時は心配かも・・・

うなじのお手入れは、最初は気をつけて丁寧に剃りますが、慣れてきたり時間がない時はつい適当にやりがち。意外と多い失敗に次のようなものがあります。

 

 

  • うなじの形がいびつになってしまった
  • 剃り残しがあった
  • カミソリで傷つけてしまった
  • うなじに赤みや黒ずみができてしまう
  • 毛穴が広がってきた

 

うなじをキレイにしたくて処理しているのに、逆に汚くなってしまっては本末転倒ですね。

 

こうならないためには、肌に刃が触れにくく安全性の高い電気シェーバーで剃るか、またはムダ毛そのものを生えなくする脱毛をするかの二択になるでしょう。

うなじの脱毛のメリット

 

綺麗なうなじは、女度を上げるポイントの一つです。

うなじを脱毛するのは、ワキや足、腕を脱毛するのとは少し違い、「わざわざしなくても」と思いやすいですよね。でも、うなじを脱毛するといろいろメリットがあります。

 

 

  • キレイなうなじをずっとキープできる
  • 髪をアップするヘアスタイルがキマル
  • ムダ毛処理で肌が荒れる心配がない

 

うなじのムダ毛が気にならない人なら別ですが、うなじや襟足のムダ毛が多い人やヘアスタイルでいろいろ遊びたい人は、うなじ脱毛をするとメリットを感じやすいでしょう。

うなじは何回でつるつるになれる?

 

うなじは産毛が多いため、脱毛しても効果を実感するまで時間がかかりやすいです。脱毛は黒いしっかりした毛ほど効果が出やすいため、産毛のような薄い色の毛には反応しにくいという傾向があるからです

 

 

脱毛サロン(フラッシュ脱毛)の場合、6回目くらいからムダ毛が目立たなくなり、10回〜かなりスッキリしてきます。

 

クリニック(レーザー脱毛)なら、5〜6回でほとんど気にならないレベルまでなれます(ムダ毛の減り方は個人差があるので、もっと回数がかかる場合もあります)

 

何度もサロンやクリニックに通うのはメンドクサイなあ、と思うかもしれませんが、脱毛するたびに少しずつムダ毛が減っていくので、それに比例してお手入れもラクになっていきます。

 

ムダ毛が減ってくるとアップヘアにしてもうなじを堂々と見せられるようになれます。

 

もしすぐムダ毛をキレイにしたい、というなら理容室でプロに剃ってもらう方法もあります。脱毛はずっと理容室のような仕上がりをキープできます。

 

うなじのムダ毛が気になるなら、脱毛サロンの無料カウンセリングで相談してみてはいかがでしょうか(^^)

 

 

うなじ脱毛するならココがオススメ♪

アリシアクリニック
医療脱毛でも痛みが少ないと評判で、女性専用の脱毛クリニックなので通いやすくて安心です。

詳しくはこちら⇒

 

銀座カラー
産毛にもしっかり反応するとアピールするほど脱毛に自信アリ!スピード脱毛でいち早くうなじを綺麗にできます。

詳しくはこちら⇒