トップへ

VIO脱毛の安全な処理の仕方をチェック

VIOは他の部位より敏感!

 

VIO(デリケートゾーン)のムダ毛が気になる場合、ムダ毛処理をする人が大半ですね。でも、他の部位と同じ方法でお手入れすると、肌を傷めてしまうことが多いです。

 

VIOの自己処理で安全に行う方法をチェック

VIOは「デリケートゾーン」とも呼ばれるように、肌がデリケートです。

 

それに加え、VIOは実はメラニンが多い場所なので、肌を刺激しすぎてしまうと黒ずみができやすい場所でもあります。

 

特にIライン周辺は粘膜が近く、カミソリを使う場合は注意が必要です。

 

VIOのムダ毛処理は、腕や足と違い見えにくいパーツがあるのでなかなか大変です。また、凹凸や肌のたるみのある場所が集まっているため、不器用な人には難しいかもしれません。

 

VIOのお手入れに向くアイテム

 

VIOのムダ毛処理をする時、ほとんどの人がVラインはある程度毛を残し、IOラインはほぼ無毛にするのではないでしょうか?Vラインの毛を残す場合は、どの程度のボリュームを残すのか、形はどうするのかを考えてから処理しましょう。

 

VIOのお手入れをする場合、おすすめなのは「電気シェーバー」です。肌に直接刃が触れないため、肌を傷めません。できれば、VIO専用のものやVIO用のヘッドを付けられる電気シェーバーがあるとお手入れがしやすくなります。

 

VIO自己処理に使用するなら、カミソリよりも電気シェーバーがお勧めです

 

カミソリを使いたい場合は、VIO用や敏感肌用のカミソリを使うようにしましょう。電気シェーバーやかミソリ以外では、除毛クリームを使う人も多いです。

 

でも一般的な除毛クリームは肌あれをおこしやすいため、敏感なVIOには向きません。どうしても使いたいなら、VIO専用の除毛クリームかどうか確認しましょう。

 

どのアイテムを使う時も、ムダ毛の長さをある程度カットするためにまずハサミでざっとムダ毛を梳いてからムダ毛処理を行うと、スムーズに作業できます。

 

ムダ毛処理のコツとお手入れ法

 

VIOは他の部位よりも肌が敏感でしかも処理しにくいため、普段のムダ毛処理よりも気をつけて処理していきましょう。

 

VIOのムダ毛処理のコツ

 

カミソリや電気シェーバーを使う場合は、毛の流れに沿ってやさしく剃っていきます。皮膚がたるんでいる場所は、ひっぱりながら剃るとスムーズです。

 

ムダ毛処理は明るい場所で、手鏡でチェックしながら行います。一気に処理しないで、少しずつ剃ること。また同じ場所を何度も剃らないように注意しましょう(肌トラブルの元なので)。

 

除毛後のお手入れ

 

他の部位も同様ですが、ムダ毛処理後の肌は敏感になっているのと同時に、乾燥しやすくなっています。必ず保湿して肌を保護することが大切です。

 

デリケートゾーン専用のクリームやローションがベストですが、なければ普段使っているボディーローションやクリームを使います。また、フィットしすぎる下着は肌を擦ってしまうので、ゆったり目の下着がおすすめです。

自己処理でありがちなトラブル

 

ムダ毛があるなら剃ればいい、と安易にVIOを剃ったり毛を抜いてしまうと、あとでトラブルがおきることがよくあります

 

特にありがちなのが、チクチク感を感じること。VIOのムダ毛は他の部位よりも太いことが多く、カミソリでカットすると断面が肌に当たってチクチクしやすくなってしまいます。

 

VIO自己処理のしすぎて、思わぬ肌トラブルを発症する

 

ムダ毛が太い人の場合、ショーツから飛び出ることもあり、もし見られたらかなり恥ずかしいですね。彼とお泊りという時も、彼にチクチクしていることを指摘される恐れも。この他に、目や手が届きにくいため「剃り残し」してしまうことも多いです。

 

また、VIOのお手入れのしすぎで黒ずみが目立つ人も意外と多いです。「遊んでいるのでは?」と思われたらかなりショックです。

 

こうしたトラブルは正しいムダ毛処理とお手入れをしていれば防げますが、きちんとケアしながら除毛するのは大変かもしれません。

VIOこそ脱毛向き?

 

不器用な人や肌が敏感な人、毎度のVIOのお手入れにウンザリした人は、思い切ってプロに脱毛してもらうのが安心でしょう。
VIOの脱毛は抵抗がある、という人が多いですが、VIO脱毛はブームになっており体験者は増えています。VIOを脱毛することで、ムダ毛の定期的なお手入れが必要なくなり、あのチクチク感ともさよならすることができます。

 

VIOを綺麗にして夏を思い切り楽しみましょう

 

なにより、いざという時に慌てないですむのは最大のメリットです。最近はVラインを含めたキャンペーンをしていることもあるので、以前よりもチャレンジしやすくなっています。今がVIOのムダ毛をキレイにするチャンスかもしれませんよ。