トップへ

自分の自己処理を見直してみる

ムダ毛の自己処理にひそむ危険性

 

この数年、脱毛サロンや専門クリニックの増加に合わせて脱毛人口も増えてきています。とはいえ、まだまだムダ毛ケアは自己処理!という方の割合の方が高いようですね。

 

ただ、自己処理は脱毛と比べて気軽に行える上ランニングコストも安いというメリットがある一方で、肌に与えるダメージや刺激が強く、肌トラブルの原因となる可能性が高いというデメリットも持ち合わせています。

カミソリのリスク

 

カミソリはムダ毛の自己処理の中で最もポピュラーなツールです。

 

場所を選ばず気軽に処理ができ、ランニングコストも比較的安いので愛用者も多いですが、肌トラブルを考える場合、そのリスクはかなり高いものとなっています。

 

 

カミソリ負け

 

カミソリは肌表面に刃を滑らしていく処理となるため、どんなに丁寧に手順を踏んでも、ムダ毛と一緒に角質を削り取ってしまいます。結果、肌表面が傷ついて水分が蒸散しやすくなる、肌の保護バリアが壊れるなどの問題が生じてしまいます。

 

また、肌が乾燥し敏感になるため、炎症や乾燥肌などをはじめとした肌トラブルを引き起こす可能性が高まるので注意が必要です。

 

埋没毛

 

埋没毛は、毛穴の上に薄い皮膚やかさぶたなどが形成され、毛穴の中から体毛が出られなくなる症状を指します。カミソリを使った自己処理を続けると、肌表面が広い範囲で傷つけられるだけでなく毛穴も傷んでしまうため、埋没毛ができやすくなります。

 

毛抜きのリスク

 

毛抜きは処理直後の仕上がりがキレイ、頻繁に道具を買い換える必要がないといったメリットがありますが、最近は危険性が高いツールとして認知されつつあります。

 

痛みが強い

 

毛抜きは、気を配って優しく処理を行っても、毛穴や毛穴周辺の皮膚に大きなダメージを与えます。その分生じる痛みも強く、人によっては処理後、数時間〜数日間痛みが引かないこともあるほどです。時には出血を伴うことも……

 

埋没毛ができやすい

 

毛抜きを使った自己処理は、ムダ毛を引き抜く時に毛穴の表面や内部に大きな力がかかります。そのため、処理後は毛穴が大ダメージを受け、修復機能が働きます。

 

この時、毛穴の表面に薄いかさぶたができる、体毛の出口に薄い皮膚が張るなどのトラブルが起きやすくなります。結果、毛穴の中の体毛が外にでることができず、埋没毛となってしまいます。

除毛クリームのリスク

 

除毛クリームは塗って洗い流すという簡単ケアのため、肌に物理的な負担をかける「剃る・抜く」という自己処理よりも安全性が高いというイメージがあるようです。しかし、除毛クリームにもカミソリや毛抜き同様のリスクがひそんでいます

 

肌表面を溶かしてしまう

 

除毛クリームはタンパク質を溶かすアルカリ性の成分が配合されており、その成分でムダ毛を溶かして処理する仕組みになっています。

 

ここで注目したいのが、肌もタンパク質で構成されているということ。体毛を溶かすほどの成分あれば、肌がノーダメージで済むはずないですよね。

 

除毛クリームは、当然この肌ダメージが低くなるよう設計されてはいますが、影響をゼロにすることはできません。事実、除毛クリームの使用後、広範囲にわたって炎症を起こす、痛みや腫れが数日間続くといったトラブル例は枚挙に暇ありません。

除毛ワックスのリスク

 

この数年、雑誌やテレビなどでブラジリアンワックスが取り上げられることが増え、ワックスで自己処理を行う方も増えてきました。しかし、ワックスを使ったセルフケアにも、やはり複数のリスクが存在しています。

 

肌表面をはぎ取ってしまう

 

除毛ワックスは、ワックスでムダ毛を固め一気に引き抜くという仕組みになっていますが、ワックスを剥がす時、肌の角質を広範囲にわたってはぎ取ってしまう危険性があります。

 

強い痛みがでることがある

 

除毛ワックスは、毛抜きと同じく毛穴から無理矢理ムダ毛を引き抜く処理となるため、人によっては強い痛みを感じることがあります。

 

埋没毛ができやすい

 

カミソリや毛抜きを使った時と同様に、除毛クリームも広範囲の肌や毛穴にダメージを与えるため、埋没毛ができやすくなるリスクがあります。

まとめ

 

ムダ毛の自己処理は、いつでも気楽に行え、ランニングコストも安いというメリットがありますが、それ以上のデメリットも持ち合わせています。

 

キレイになるためにムダ毛処理をしているのに、肝心の肌を痛めつけることになっては本末転倒ですよね。セルフケアを行っていて肌トラブルに見舞われた際は速やかに皮膚科へ赴き、専門医の診察を受けることをおすすめします。

 

また、自己処理よりも肌ダメージや刺激が少ない脱毛を検討するのも一つの手段だと覚えておくと良いでしょう。